iPhone,iPadユーザさま、当サイトはFLASHを利用しています。AppStore>検索>Puffine Web Browserをご利用いただくことで、ご覧いただけます。

お知らせ

2階ギャラリー特別展(5月9日まで)

満天青空レストランで紹介されました

「島のジャム屋 物語」(瀬戸内の島とお寺とジャム) 発売!

ついに完成しました! ジャム屋誕生秘話から過疎高齢の進む島でお寺の家で生まれ育った妻と電力会社社員の夫。農業も知らず、食品加工も知らず、営業もしたことがない・・・そんな二人が起こす悲喜こもごもの出会い、行動、そして人の輪。これを読むと当店のジャムがちょっとおいしくなると思います。 

ジャムづくりのこだわり

ジャム屋図書館

今が旬のコンフィチュール・ジャム・マーマレード

● マーマレード「極み」

■ゆずマーマレード ■完熟かぼす蜂蜜マーマレード ■大島みかんと柚子のマーマレード ■りんごレモンマーマレードなどなど

柑橘産地の島だからできる、品種選定、栽培方法の改良、さらに同じ品種でも果実ごとの微妙な味の変化に合わせた果実の下処理・煮込み・マリアージュの変化。私たちジャム屋のこだわりが織りなすマーマレード。年間60種類を超えるマーマレード当店最大の人気シリーズです!
(写真はゆずマーマレード)

●  冬の朝は『焼きジャム』でほっくりと

■東和金時バニラジャム ■東和金時ラムジャム ■東和金時とフジりんごのジャムなど

いつものトーストとジャム、どのように食べていますか?
普通ジャムは焼いたトーストに塗るもの。しかしトーストに塗ってから焼いた方がおいしくなるジャムが「焼きジャム」です。ジャムごと焼いたほうが「ほっくり」・「トロリ」といった一味違った触感が楽しめるジャムたちです。雑誌・テレビで取り上げられた「はっさくショコラマーマレード」もその一つ。
(写真は東和金時バニラジャムです)

特集

 ジャム屋の農業部通信♪


 『ジャムズ農園の秋』


 みなさんこんにちは。農業部の渡邉です。

 夏も終わり、季節の変わり目ということで、今回は今の農園の状況について話したいと思います。

 まず、ブルーベリー畑です。つい先日まで沢山の実をつけてましたが、ブルーベリーの摘み取り体験をしてもらい、おかげさまで今では少し寂しくなっています。今年も良く実をつけてもらいましたので、来年に向けてお礼肥え(肥料の散布)をして、来年も美味しい実をつけてもらいたいです。

     

 

 次に柑橘です。今年の大島は雨が一ヶ月半ほど降らなかったので、定期的に水やりの方を行いました。うちの畑では、約2t分水を撒きました。しかし暑さにやられ、実が黄色く焼けている果実もいくらかありました。そういった果実は早めに摘果をして、他の実に栄養を分け与えたいと思います。また、ブラッドオレンジは木も大きくなり、鮮やかな濃い緑の実をいくつもつけてくれています。 

        

 


  次にサツマイモです。こちら今日掘り起こしたら、焼き芋をするには丁度いいぐらいの大きさになっていました。しかし、ジャム用にはまだまだ小さいですね。11月の20日には芋掘り体験を行いますので、是非参加されてください。

    

 


 そしてこれから旬のいちじくです。うちの木はまだ四年ものですが、いちじくという木は非常に生育が良いものなので、とても大きくなりました。実も沢山ついてくれていますので、蜂に食べられないようにしたいですね。

            

 これからは食欲の秋ということで、美味しい果実が沢山採れます。しっかり管理をして、皆様の胃にお届けしたいと思います。

 農業部の渡邉からでした!!

 


 ↓↓↓今までのはこちら↓↓↓


 

カフェ特集

地域と共に・・・ということで

島のお餅屋さん、豆腐屋さんとコラボ商品開発しています

(店舗カフェスペースでお召し上がりいただけますよ!!)

川田餅さんとのコラボ・・・ジャム大福

生田豆富店さんとのコラボ・・・ジャム豆腐プリン



 


4月の月次ネット販売は23日からです!
(ネットでは月に1度の販売となっております)
 
ギフトセットの販売は常時おこなっております
数量の多い場合は画面右上の「お問合せ」
ボタンからご連絡ください

現在販売中のギフトはこちら 

 

田舎が最先端!

共に未来を創れる幹部スタッフ募集

しています

店主夫婦あいさつ

その年々で、農家さんごとで、畑の条件で、果実の味が異なるのは当然、その個性と多様性を活かし、さらに最適な収穫時季にまでこだわるVintageで高品質なジャム造りに私達は取組んでいます。大鍋を使用せず短時間で果実本来の風味を生かす小ロット製法。職人の感性が生みだすマリアージュ。そして種子島産の化学的精製をする前の砂糖「洗双糖」を使用(pH調整剤やゲル化剤は不使用)。瀬戸内の島で生まれたVintageなジャムをお楽しみ下さい。
 

私たちの想いが詰まったテレビ番組がご覧いただけます↓!!

「NHK地域づくりアーカイブス」

「フェイス  続 里山資本主義 ―過疎の島こそ21世紀のフロンティア―」
(リンク先ページの関連動画「過疎の島こそ21世紀のフロンティア」の回をご覧ください)

 

  

    書籍:里山資本主義も販売中!

 

「美味しい田舎のつくりかた」販売中!

園内マップ

周防大島とは

 私たちがジャム作りのために選んだ島は瀬戸内海国定公園の西の端にあります。温暖で晴れの日が多い気候のため、様々な果実、特に柑橘栽培が盛んな島です。

 

 

周防大島の元気プロジェクト

高齢化率日本一といわれたこの島で、われわれが地域のためにできること。やるべきこと。島の若者たちと新しい取り組みを始めています。

「島くらす」のフェイスブックページは→こちら

 

ジャム屋日記

春のジャム屋日記(4月号)
[日記] 季節は4月。晴れた日のジャム屋は下の写真のような風景。心ウキウキ、ただただ癒されます! ジャム屋のトレードマークの天道虫もジャム屋の庭に顔を出してくれました。 目の前の海も春仕様。 そんなある日、島の桜の一番の名所、五条の千本桜を観に出かけてみました。この島では例年3月末ごろが桜の見ごろなのですが、今年は4月12日からの3日間ぐらいがもっとも綺麗でした!島の桜のいいところは、その... 2017-04-23

3月のジャム屋日記
[日記] 島では日に日に暖かい陽射しの日が増え、植物たちも一斉に芽吹き始めました。この時季の瀬戸内海は冬の澄んだ海水と春の太陽とでとても美しく透き通った表情を魅せてくれます。まだ寒くて海に入ることはできませんが、観ているのには最高の季節です。そしてまたこの先に咲き乱れる大好きな花があります、それがイヌフグリ。ほんと小指の先ほどの小さな野花ですが、その鮮やかな青色がこの季節の清々しさをさらに引き立ててくれます... 2017-03-26

早春のジャム屋日記
[日記] 早春の二月にもなるとこの島では日の光が温かくなりはじめ、木々も芽吹き始めます。風はまだまだ冷たいのですが、風がやむとまさに小さな春が瀬戸内のそこにほっこりと顔を見せます。そんな本格的な春が待ちきれず、つい先日にはハンモックを担ぎ出し小さく日向ぼっこ。各地で大雪のニュースが流れる日でしたが島では心地よい日和の一日でした。 そして島のあちらこちらで花の便りが届き始めるのもこの季節。寒梅や河津桜な... 2017-02-26



瀬戸内ジャムズガーデン (Facebookモバイル)



top
瀬戸内ジャムズガーデン(瀬戸内Jam's Garden)
〒742-2804 山口県大島郡周防大島町日前331-8

このサイトはリンクフリーです。
ご自由に左にあるバナーをご使用ください。

©Copyright 2012 Jam's Garden All Rights Reserved. Supporting by Crouton Co., Ltd.