夏休みの始まり!~7月のジャム屋日記~

さあ、島が一番輝く季節がやってきました。周防大島も梅雨が明け、気温も急上昇。梅雨明け初日からにょきにょきと入道雲が頭をもたげていました。なんだかワクワクするのは私だけでしょうか(笑)

飛び込みたくなる澄んだ海!波もなくこれぞ瀬戸内といった風景です。

夏の始まりに合わせて、島ではサタフラ(サタデーフラダンス)というイベントが始まり、日本各地から140チームほどのフラチームが島にやってきます。フラガールたちをお迎えする島のお店としても何かしようということで、ハワイのレイ(首飾り)をモチーフにハート型のレイリースを飾り付けてみました。もちろん当店スタッフのお手製です!

そんな夏真っ盛りが旬の果実といえば、青い真珠・ブルーベリー!2003年の創業当時、島内でブルーベリーを栽培している農家さんがおらず、ならば耕作放棄地を再開墾して自ら栽培しよう!と始め、今日に至ります。なので私達ジャム屋にはとても思い入れのある果実。この栽培はほとんど前住職が農業部長として管理。今年もたわわに大粒の果実が実りました。

ブルーベリーは一粒一粒、熟すタイミングが異なるため、ブドウの房のようにいっぺんに収穫することができません。ブルーベリーの収穫はとても時間と手間のかかる作業なのです。この日はジャム屋の看板娘(小学5年)とそのお友達が収穫のお手伝い。

無農薬で栽培しているので、たまに毛虫がいることもあります。なので腕抜きをしての収穫。

下の写真は、体験ブルーベリー園の入り口。摘み取り体験もできますので、夏に島にお越しの際にはレッツトライ!果実の熟れ具合にもよりますが、例年お盆過ぎごろまで収穫体験ができます。

摘み取ったブルーベリーたちはすぐに工房へ。木の枝や汚れを洗い流し、ジャム用煮込み鍋にどんどん入れていきます。そしてジャム職人へバトンタッチ。

お待たせしておりましたブルーベリーのシーズンイン!ということで、今年は4種のジャムを造ってみました。それぞれ個性的でお勧めなのですが、その中でも個人的にはすももと合わせた「瀬戸内ブルーベリーと島すもものジャム」がオススメ!すももの酸味が夏の食欲増進にいい味を出しています。

さて、ブルーベリーシーズンに入り、ジャム屋のスペシャルかき氷もバージョンアップ!3種のかき氷専用ジャムと秘薬のモヒートシロップで8月バージョンの贅沢かき氷に変身です。

そして、ブルーベリーに続いて夏の人気果実といえば!やはり白桃ですね。当店では創業のころから岡山の桃農家さんと契約し、丁寧に栽培された完熟白桃をジャム屋に届けてもらっています。白桃といっても品種はいろいろ。時期によって品種が変化します。写真に写っているのは白鳳(はくほう)という品種の白桃。繊細な口当たりが特徴で、香りも抜群。

白鳳がとてもおいしいので、その食感を楽しんでいただこうと、今年はジャム屋の深井戸天然水であっさりと煮込み、形が残るプレザーブスタイルに仕上げました。「瀬戸内白桃 白鳳 プレザーブスタイル(天然水仕込み)」是非お味見ください!

この時季の2大果実を合わせた白桃とブルーベリーのマリアージュの煮込み風景が下の写真。味見が止まらなくなります(笑)

さて、そんな夏の2大果実白桃とブルーベリーですが、島のジャムズカフェでも存分に楽しんでいただこうと、白桃をまるまる一つ使ったひんやり贅沢グラスパフェを創りました~!ブルーベリーの摘み取り手伝いをしていたジャム屋の看板娘たちもご褒美にこのパフェを食していました(笑)。

さて、下の写真のような大きさのレモンを見たことはありますか?レモンといえば秋に収穫する手のひらサイズのものが一般的ですが、越冬してこの時期まで樹上追熟させたレモンはこのサイズ。大きすぎて使い辛いのと、樹上にある期間が長いと収穫できないリスクも大きくなるので、一般には流通していないレモンの姿です。

一方、味はとがった酸味が柔らかくなり、とてもまろやかな味わいのレモンに。ジャム屋ではあえてこの越冬まろやかレモンを初夏レモンとしてマーマレードに仕上げています。今年もこの季節、爽やかな香りに工房が満たされています。数量が限られることから「直営店限定販売」となっておりますが、夏にこそ味わっていただきたいマーマレードです。

島内の

そしてもう一つ、この時季にジャム屋に届くのが、なんと国産グレープフルーツ!日本ではほとんど生産されていないグレープフルーツ。輸入柑橘(グレープフルーツなど)は輸送時に腐らないよう防腐剤などが使用されているため、当店では使用しておりません。安全なグレープフルーツを島の農家さんがジャム屋のために栽培してくれました!なんと贅沢なジャム造り。農家さんに感謝感謝です。

一方、直営の農業部は秋以降の季節を見据えて動き始めています。下の写真は、イチゴの苗の定植作業時の風景。小指の先ほどのいちごの苗を大切に大切に植えていきます。収穫が始まるのは12月ごろから。気の長い時間感覚ですが、とかく時間の流れが速い昨今、農業の時の流れ方が人間にはあっているような気もします。

最後に2点ご報告。1っ点目は周防大島へのUIターンを応援する会「島くらす」の活動の一つとして取り組んできた「海そうじ」。国土交通省さまから海の日に表彰をいただきました!

2つ目のご報告は、テレビ出演について。テレビKRY山口放送の番組「熱血テレビ」8月1日(木)17:30頃から「ぐるっと味めぐり」コーナーで当店のカフェが紹介されます!山口県内限定ではありますが、是非是非ご覧になってください。

最後までご覧いただきありがとうございます!秋の便りの届き始める9月号新作発表&販売は8月25日21時からです。ブルーベリー系の充実と・清水白桃、そして早ければ「いちじく」なども紹介できるかと考えております!!

2019年7月28日

店主 松嶋

閲覧:( 164 )