秋のジャム屋日記(11月)

いよいよ島も季節は秋。瀬戸内で温暖な気候のこの島も秋の彩が包み始めています。島の紅葉の季節は長く、既に始まっているものもありますが12月中ごろまで樹木の種類ごとに色づきが順次進んでいきます。そんな秋の深まりゆく瀬戸内海の景色をジャムズカフェからのぞいたのが下の写真。特に午前中は陽射しがポカポカとして移りゆく瀬戸内の季節が楽しめます。

この季節はジャム屋の庭掃除もたんたんと続きます。落ち葉が美しい。毎朝の庭掃除が楽しい。そんな風に思うようになったのは歳のせいでしょうか(笑)。

一方、優雅に見えて厳しい面もあるのが自然。最近は夜間イノシシがジャム屋周辺にも出没して、畑を荒らすので急遽柵作り。農業部長の住職を小学6年生の息子がお手伝い。いつも小さなジャム屋は総動員態勢です。

出来上がった柵が下の写真。ちょっとおしゃれでしょ!

さて、この時季、おいしさを増すのが「かぼちゃ」。ジャム屋では昨年の試験栽培に続き、より良い品種のかぼちゃの栽培を今年は増やし、新種のかぼちゃジャムの生産体制も整ってきました。かぼちゃにもいろいろな種類が存在するのですが、「バターナッツ」や「ロロン」など面白い形をしたかぼちゃがまた見ていても楽しいです。

下の写真は自家農園栽培「バターナッツ」かぼちゃと黒大豆のホックリ焼きジャム。濃厚で風味豊かな焼きジャムシリーズの誕生です!

同じく、焼きジャムでも今年は贅沢にバニラビーンズを丸ごと使用したバージョンが生まれたり、新しいおいしさがたくさん加わってきています。どうぞ楽しみにしていてくださいね!

さて、この島の命といえば「柑橘」。その本格的な季節の到来をまじかに控え、柚子の季節が今まさに始まりました!下の写真は自家農園の柚子。

柚子の香りが工房に漂い始めると、季節は秋から冬へ。あわただし師走の到来を告げる島の香りです。

もう一つ、なんと収穫が始まったのがいちご!本格的な季節ではないので、まだまだ少量の収穫ですが、こんな季節から赤い可愛い果実が生り始めています。ミツバチたちもよく働いています!

さて、最後にご報告が!なんと、6次産業化優良事例表彰で農林水産大臣賞を受賞しました!
この受賞は当社一社のチカラではなく、地域の方々や関わる全ての方々のお力添えがあっての6次産業化モデルなので、お客さま、農家の方々、力添えていただいている地域の方々、当社スタッフなど、まさしくジャム屋に関わる全員でいただいたような受賞だと思います。この栄誉に恥じぬようこれからも美味しく、かつ地域のためにもなる、そんな会社であるよう、努力してまいります。今後ともどうぞジャム屋の行く末を見つめ続けていただけると幸いです。

閲覧:( 384 )