4月のジャム屋日記

島にも本格的な春が到来!そしてジャム屋の春といえば4月の第一日曜日に毎年開催している瀬戸内パンフェスタ。今年は桜の時期とかさなり、天候にも恵まれ、盛大に執り行うことができました。出店していただいたお店さま、ご来場いただいたお客さま、そして運営に関わっていただいた多くの方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。元はというと創業間もないころに当社に関わっていただいている方々や地域の方々、そしてジャム屋を応援していただいているお客様方へのお礼を込めたイベントとして開催。その後年々、来場者が増えて今年も3千人以上のお客様たちと盛り上がることができました。たくさんのご縁に支えられていることに感謝感謝の1日でした。

今年は浜辺スペースもくつろぎコーナーとして活用。ハンモックでゆらゆら、子供たちのはしゃぐ声が響いていました~

桜の季節にも相まって、のどかな日和の中で開催できました。

下の写真は海をバックに神戸のパン屋さん。

そんな大規模なイベントになっているのですが、その準備も大規模に。目の前の海岸は冬の北風で打ち上げられた漂流物が多く、パンフェスタ直前の木曜日に地域の方々とともに社員総出で大掃除。海がきれいだとなんだか心もすっきりしますね!

さて、そんな年に一度の大イベントが4月1日に終了。その後は静かな日常に戻りました。下の写真はパンフェスタ翌日のいちごハウス内の風景。高設台の少し下からのこの眺めが私のお気に入り「幸せアングル」。いちごが雨のように降ってきたようでしょう!

今年は冬の寒さでいちごの生育が遅かった分、最近の温かさで成長力が爆発したのか、一斉に実をつけ始め、この3月は過去最高の収量を記録!農業部だけでは収穫しきれず、最終手段で家族も総動員。娘と息子のアルバイト代は完熟イチゴの生スムージーです(笑)。

そんないちごの収穫作業に追われるなか見つけたセレンディピティ。赤いハートに思わず作業の手が止まりました。

一方、かんきつ類も春の甘酸っぱい系がシーズンイン!一番マーマレードの種類が多くなるこのシーズンをねらってか、なんと東海・山陽新幹線の社内誌「ひととき」4月号に3ページにわたり当店が紹介されました!!新幹線に乗車される方は是非ご覧になってくださいね!

甘酸っぱい系マーマレードの代表はきよみ、ブラッドオレンジ、クレメンティン、ゆーぽんなどなど。どれが一番おすすめですか?とよく聞かれるのですが、生産者としてはそれぞれに個性があり、それぞれに甲乙つけがたい。。。是非、全部ご賞味ください(笑)

一方、果樹たちは次のシーズンに向けて花を咲かせています。下の写真はブルーベリーとすもも。次の季節の夏が旬の果樹たち、実りが楽しみです。

さて、そんななか新たな取り組みが始まっています。周防大島ブルーベリー研究会。ブルーベリー栽培農家を育てて新たな産業を創り、農家さんにも経済的循環を創っていこうという取り組み。この春にまた新しいUターン農家さんが誕生します。その方のブルーベリー農園の畑づくりに参加。数年後の収穫が楽しみですね。

最後に2つの報告と2つの告知です。1つ目の報告は、お近くでジャムズ、のニューポイント「新山口駅」。とても小さな駅ですが一応新幹線が止まります!是非ご利用ください。

2つ目のご報告は 旅するジャム屋企画。3月21日に神奈川県の茅ヶ崎で地域交流拠点「チガラボ」を運営している清水さんとコラボ!地域食材を食しながら里山資本主義を語らおうというコンセプトでしたが、たくさんの方々にご参加いただ、にぎやかな会になりました。次は5月19日、上野のmogmogハウスにてジャムパラダイスを企画中です、是非お時間のある方はご参加ください!

次は告知1。JTBさん主催の瀬戸内・山陰、ご当地スイーツグランプリ始まりました!なんと、瀬戸内・山陰のご当地スイーツ5店舗までが代金不要で食べ歩きできる企画!!当店は季節フルーツのスイーツピッツァ。春の今は「自家農園の完熟いちご」。是非ご投票を!(詳しくはJTBさんのHPをご参照ください)
https://www.seasonal-japan.com/setouchi-sanin/sweetsgp/

最後にもう一つ告知。5月23日から25日まで、新宿小田急百貨店地下2階で開催される「パンヴィレッジ」に参加決定!会期中に新宿駅をご利用される皆様は是非、お立ち寄りくださいね!

閲覧:( 499 )