6月のジャム屋日記

島は初夏を迎え日に日に海の色が夏色に変化してきています。今年は梅雨入りしても清々しい晴れの日が多いのですが、6月は梅雨のイメージか強いからか、晴れていようがご来島されるお客さまが真冬並みに減るのもこの季節。

そんな季節だから、、、ジャム屋では毎年この季節を狙って大改装・大掃除を行います。ジャム屋カフェでは島時間を靴を脱いでくつろいでほしいとの想いから、土足禁止。それゆえなお、床のフローリングの手入れには気を付けています。梅雨明けとともに始まる島が一番輝く季節に向けて床もピカピカに仕上げていきます。

そして屋外でも梅雨明け早々にスタートするブルーベリー狩りのための大改装が始まります。夏のブルーベリーシーズンにむけて鉢植えの大移動。昨年よりさらに成長したブルーベリーたちは鉢植えといっても大人3人がかりでやっと運べる大きさに!そんなサイズのブルーベリーの樹々を運び込み、ジャム屋のエントランスはまるでブルーベリーの森のように!鉢植え設置で一気に夏のジャムズに衣替えです。

気の早い品種の実が数粒色づいていました↓が、本格的な収穫は7月に入ってから。実がさらに大きくなるには梅雨が必要で、そう思うとこ時季の愚図ついた天気がいとおしく思えてきますね。

そんないつ雨が降り出すか分からないような6月のある日、毎年お世話になっている梅農家さんたちの梅の出来を確認しに行ってきました。以前は50軒ほどの農家さんが梅の栽培に取り組んでいたのですが、高齢化で年々栽培者が減り続け、昨年そのリーダー的存在だった農家さんも亡くなられ、更に梅を栽培する農家さんが減ってしまいました。周防大島で梅を栽培する農家さんは減少を続けていますが、このみなさんの「元気」に会いに行くのが毎年の楽しみです。収穫を続けている農家さんを見ると何とかこの文化と地域を持続可能にしていきたいと、微力ながらもジャム屋でできることを探していこうと改めて感じる一日でした。

そんな農家さんからジャム屋に届いた梅たちを丁寧にジャムに仕上げていきます。青梅は相性の良い黒糖で煮込み、熟している梅は完熟をまって芳醇な香りを楽しむ一品に仕上げます。

梅と共にこの季節に届く旬の果実といえばアンズ。この果実もすぐに傷み始めるので旬が短く、ジャム屋泣かせの果実なのですが、この季節にしかない味わいなので、ついつい張り切ってしまいます。

杏子の種の中の仁の部分が杏仁豆腐の原料。工房では種を一つ一つ割っては杏子の実と共に煮込んでいます。とても手間のかかるジャムなので数は限られますが、この季節の香りを楽しむジャム作りに、時を忘れて勤しんでおります。

そしてこの季節から始まる新ジャムシリーズが工房で待機しています。それはかき氷専用ジャムソース!これまでの市販の着色料と香料のかき氷シロップでは物足らず、ジャム屋の夏のカフェメニュー「贅沢かき氷」のために製造していたかき氷専用ジャムソース。お客さまからの「持ち帰りたい」との声にこたえ、持ち帰りができるタイプとして商品化したのが始まりです。氷に載せるので味が薄まることを想定して少々濃いめに、そして果肉感とシロップの役割を兼ね備えた一品です。もちろん、かき氷以外、ヨーグルトや炭酸飲料・スパークリングワインなどに使用していただいてもおいしくお召し上がりいただけます。そんなかき氷専用ジャムソースの中でも、最後に甘みと爽やかさをプラスするためにかけていただく秘薬の「モヒートソース」の販売もついに今年から開始!本物の果実類で楽しむかき氷ソースをどうぞお試しください、昔のかき氷シロップには戻れなくなる危うさを秘めていますのでご注意くださいね(笑)

下の写真はかき氷専用ジャムソース「ころころ金柑と瀬戸内いちご」

そして下の写真は秘薬「モヒートソース」の煮込み風景です。

更にさらにこの季節の果実類・ジャム類をご紹介。まずはトマト!島の付け根の本州側に由宇(ゆう)という地区があり、そこの朝どりトマトは絶品です。適度な酸味もありそのまま、まるまるジャムにしてもとてもおいしくなる一品です!

そして初夏の柑橘類。一つはまだまだ珍しい黄金柑(おうごんかん)。実が小さくて加工に手間はかかりますが、酸味の効いたこの味は癖になる美味しさ!さらにこの黄金柑を普通のマーマレードに仕上げるのと共に、「かぶりつくマーマレード」シリーズでも煮込んでみました、新登場です!

ちなみに下の写真は「かぶりつくマーマレード」シリーズのキンカン。これも危険な美味しさに仕上げました(笑)。

さて、ここからはご報告です。一つ目は実行委員長も務めさせていただいております「里山コンソーシアム」の現地スタディーツアーに参加してみました。バイオマスで有名な岡山県真庭と甘藻再生で持続可能な漁業を目指している日生(ひなせ)。下の写真はアマモ種取り体験の時のモノ。漁場の再生から始める日生の取り組み、漁師と地域の本気度が伝わってきました。周防大島も負けずに持続可能な地域にしていきたいと思いを新たにしたツアーでした。

もう一つのご報告は、6月第2週から始まった「初夏柑橘フェア」!初夏の島の柑橘類を使用したスイーツやドリンクを提案。マーマレードやジャムの新しい食べ方が楽しめます。そんなフェアの第一弾はこの島で誕生した初夏に旬を迎える珍しい柑橘 なつみ(南津海)を使用した「初夏柑橘のフレンチメレンゲ ピッツァ」! 生果なつみ、自家製マーマレード、カスタードクリーム、そしてふわふわのフレンチメレンゲを乗せてボリュームたっぷりに仕上げました♪

下の写真は果肉たっぷり大人のジュレ。島の初夏柑橘とアールグレイの香りを楽しむジュレドリンクの試作中!こちらもお楽しみに〜!

ジャム屋の贅沢かき氷、いよいよシーズンインです!今年はこの6月限定で自家農園の完熟苺をたっぷり使った贅沢かき氷が登場!かき氷専用に開発したジャムを使用しています。ほんもののいちごかき氷をお楽しみください。

最後に摘み取りブルーベリー園、開園のお知らせ。毎年恒例のブルーベリー狩りは、今年は7月13日金曜日から!是非夏の周防大島を楽しみに来てくださいね!

 

閲覧:( 400 )