9月のジャム屋日記

爽やかな季節になりましたね!島でも海岸沿いを車で走るときは窓を全開にして通り抜ける秋の風を楽しんでいます。そして島の沿岸ではそこかしこで特産のイワシ網漁がおこなわれています。漁師さんたちの勇姿はいつまで見ていても飽きない素敵なショーです。皆さんにもこの漁の一部始終をお見したいです。

そしてジャム屋も夏のミラクル繁忙期が終わり、この9月というのは一息を入れる大切な充電期間なんです。3週間ぶりとなる休みをいかに過ごそうか、考えた挙句、島ならではの景色を堪能しながら一人の時間をゆっくり過ごそうと思い立ち、ジャム屋の裏にある嵩山(ダケサン)の山頂に登ってきました。

 嵩山は瀬戸内の島にしては標高が高く、619メートルもあります。そしてその山頂には展望台とパラグライダーの発射台があります。使用頻度の低いこのパラグライダーの発射台はとても贅沢な施設で、眺めが最高で瀬戸内の島々が一望できます。平日はほとんど誰もいないのでこの発射台の上に椅子を置いて一人で読書を楽しむことにしました。本を読んでいると景色はもちろん見えないのですが、とても優雅で贅沢な時間を楽しめました。

さて、この9月は毎年山口朝日放送さん・朝日新聞さん主催の「ふるさとの匠展」に出展させていただいています。今年も息子咲太と出かけてきました!下の写真は子供店長咲太が一生懸命お客さまに商品の説明をしているところです。息子いわく説明したジャムをお客さまが買ってくれた瞬間が楽しい、らしいです。このような経験ができるのは幸せなんだと思いました。

 さらに今回の「ふるさとの匠展」ではジャム屋創業以来初の「ジャムづくり教室」を開催しました。新しい取り組みだったのでとても緊張しましたが、思った以上に受講者の方々からは好評価をいただきました。

 受講者のお子さんが糖度計を覗き込んでいる図

 ジャムの粘度を確かめる方法を教えている図

 

一方、秋の味覚も徐々に工房に集まってきています。

今回の販売では間に合わなかったのですが、4年前に植えた直営農園の栗がとうとう初収穫!いがぐりはまだ少々青みを残していますが熟したものから徐々に落果し始めています。

 

今年の栗は雨が少なかったせいか、例年より2週間ほど収穫時期が遅くなっています。他の果実と違って落ちてこないと収穫できないので気長に待つしかありません・・・。

 そのほか秋を代表するブドウ・リンゴなどの煮込みは順次始まっています!こちらはどうぞお楽しみくださいネ。

最後に、当店のロゴの入った「ロゴ・カー」がついに誕生!初めてロゴを付けた車なのでなんだかとても感慨深いです。小さなお店の小さなロゴカーではありますが、私たちの大きな夢をいっぱいに詰め込んで走っていきます。見かけたらどうぞお声掛けくださいね!!

 

閲覧:( 607 )