「摘み取りブルーベリー園」

ジャムズの創業期から栽培を始めた一番思い入れのある果実、それが「ブルーベリー」です。栽培当初は周防大島でブルーベリーを栽培している農家さんがおらず、県外の農家さんのところで学びに行きました。今では自社農園で栽培をするとともに「周防大島ブルーベリー研究会」を立上げ、地域内のブルーベリー生産者を増やす努力もしています。店舗前に設置されている「摘み取りブルーベリー園」では夏休みシーズン、摘み取り体験もできます。子供たちの歓声が聞こえてくるのがこの畑のいいところ。園内には6品種のブルーベリーを植えてあるので、食べ比べて自分の好みのブルーベリーを摘み取って頂けます。夏の想い出に是非摘み取り体験をお楽しみください。ブルーベリー園は農薬を使用せず栽培しているので、採れたてをそのまま食べることができます。

※ブルーベリー狩り体験は7月中旬から8月末まで実施しておりますが、その年の熟し具合などにより前後することがございます。詳しくはお問い合わせください。

ブルーベリー畑の地面に敷いているのは、地域の大工さんから譲り受けたカンナくず。産業廃棄物で捨てるにはもったいないと、ブルーベリー園でリサイクルしています。見た目はふわふわの天然素材絨毯。栽培では保湿効果や除草効果がありとても重宝しております。

 

閲覧:( 612 )