地域と共に里山資本主義

高齢化率日本一だった島だからこそ、私たちが気づいたこと、そして行動していることがあります。当店では「ジャムとお寺のある暮らし研究所」という部署を設け、地域内の人と人の繋がりを地域資源と捉え、地域の持続性を重視したさまざまな活動を展開しています。ここではその一端を皆様にご紹介します。

○ジャム屋の農業部と地域農家さんと

島の農家さんが作る作物は島の農家さんと連携し、そこに経済的循環を創り、農家さんが栽培していない、もしくは栽培量が少ない作物で、ジャム屋としてほしい果物を自家農園で栽培をする。そんな連携により、地域の農家さんとの新しいジャム造りが始まっています。

競合でなく協労による多様性のあるジャム造りをめざして

競合でなく協労による多様性のあるジャム造りをめざして

○ブルーベリー研究会:移住者と障がい者支援施設と

ジャム屋を始めた当初一番困ったのが、、、島内でブルーベリーが栽培されていない!という現実。そこで、当店では創業期から自社ブルーベリー園を整備し始めますが、収量を確保するのは難しく・・・。そこで、ブルーベリーの苗木を配ったり栽培方法を一緒に学んだりといった「ブルーベリー研究会」を立ち上げ、栽培に協力していただけける方を募りました。今では移住者の方が多いですが数件のブルーベリー農家さんが誕生し、島内産ブルーベリーでジャムが煮込めるまでになりました。一方、ブルーベリーの収穫は一粒ずつの手作業。この作業を手伝っていただく仲間として、島の障がい者支援施設にも協力していただき、経済的循環と働く喜びを得てもらえるような枠組みを設けています。ここにも一つ協労の輪が広がっています。

島内産ブルーベリーは地域の力

島内産ブルーベリーは地域の力

ちなみに、想いの詰まったジャムズバッグの作者は・・・これも障がい者新施設の方々!
しかし侮るなかれ、この完成度。このバッグも是非ご活用ください。

施設のスタッフさんと打ち合わせ

施設のスタッフさんと打ち合わせ

ジャムズbag(年によって型が異なります)

ジャムズbag(年によって型が異なります)

○地域内の繋がりで商品開発

地域内で活躍する農家さん、食品製造業者さん、などなど多様な方々とコラボし、新しい商品開発をしています。いかに産業を創り盛り上げていくか、これからも新しい商品開発を地域とともに進めていきます。

事例1:川田餅さんと制作したジャム大福

事例1:川田餅さんと制作したジャム大福

事例2:大内バラ園さんとバラのマーマレードづくり

事例2:大内バラ園さんとバラのマーマレードづくり

○周防大島へのUIターンを応援する会「島くらす」

移住してまだ間もない2011年から活動を開始したのが周防大島へのUIターンを応援する会「島くらす」。全国に地方創生の大号令(2014年)が下る前から地域の持続性に危機感をもち、地域内の有志とともに活動を開始。周防大島町に新しく誕生した「定住促進協議会」と連携し、行政が得意とする部分は行政で、民間のつながりが必要な部分は「島くらす」で移住定住のお手伝いをする、という関係です。これまでに移住者と地域の方々との大交流会を企画実施したり、農産物の販売勉強会をしたり、食品加工機械の展示会に勉強ツアーを組んだり、さらに今でも続く定住促進協議会主催の移住希望者向けツアー「島時々半島ツアー」への協力など、地域への移住定住活動の常態化にむけた火付け役として幅広く活動を展開してきました。最近では、移住者の定着が軌道に乗りはじめ、それぞれの移住者が移住者を呼び、それぞれに緩いつながりが保てる状況となってきたことから「島くらす」の活動の幅を狭めてきていますが、今も月1度の「島くらすの海そうじ」を地域の方々や移住者の方々(時には移住者向けツアーの方々)と共同作業を行う交流の場として活動をしています。

島くらす海そうじ(24時間テレビと共催時)

島くらす海そうじ(24時間テレビと共催時)

○次世代を担う地域人の育成

持続可能な地域づくりの最後にして最大の課題、それは地域を大切に想う次世代を育てることだと考えています。こんな中、周防大島では全国初の小中高連携の起業家教育が実施されています。そのご縁もあってか、山口県のキャリア教育推進会議の委員の任も授かり、地域の学校で里山資本主義的産業づくりなどをテーマに授業をさせていただいています。そんな活動の一つが2017年に周防大島高校と開催した「里山資本主義 実践者交流会」であったりします。最近では里山資本主義を学ぶインターンシップ学生を受け入れたり、全国組織となったJapanTimes里山コンソーシアムの実行委員として活動をしています。

周防大島高校生徒のプレゼン(里山資本主義実践者交流会)

周防大島高校生徒のプレゼン(里山資本主義実践者交流会)

里山資本主義インターンシップ

里山資本主義インターンシップ

★里山資本主義インターンシップ体験後の記事が『HATAFURI』 に掲載されました!
『都会の女子大生が島の企業でインターンシップをしてみた!
〜劇的に変わった田舎への印象〜』
↓↓↓ こちらから ↓↓↓
http://recruit.cocolomachi.co.jp/1186

更に私たちの想いの続きを知りたい方は→「ジャム屋が想うちょっとまじめなお話し」もどうぞ!

〇そして全国の地域を巻き込んで~里山資本主義を世界に発信~

里山資本主義はいま、海外からも注目されています。マネー資本主義が極端に肥大化した現代、これでいいのかと感じているのはどの国においてもみな同じなのですね。大量生産型の産業構造が富をもたらした一方、中山間地などで小さく細やかに営む地方でのライフスタイルの価値は軽視されてきたということでしょうか。しかし、ここ最近、日本各地で里山資本主義的なうねりが大きくなり、社会を時代を動かそうとしています。地域の懐かしくて新しい形を模索し、見つけ出している先駆者が各地に生まれています。そんな名もなき里山資本主義の実践者たちを結び付け、新しい文化を世界に発信していこうという活動を始めました。JapanTimesさんと始めた新たな取り組みにあなたもぜひ参加しませんか。地域の新しい未来のために!

日本の里山資本主義を世界へ!

台湾の大学教授が
里山資本主義の
現地調査に

北京大学卒の
企業経営者が
里山資本主義視察

韓国KBSが
里山資本主義の
島を取材

閲覧:( 971 )